トップページ

このブログについて

全記事一覧(新着順)

テーマ別記事案内

短期間ゲーム制作講座


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【生存報告】最近ソシャゲしかしていません

お久しぶりです。
放置しすぎですね、申し訳ない…

絵もシナリオもプログラムも全部お勉強中断っぱなしです。
ゲームも最近ソシャゲしかしていません。忙しくてもスキマ時間で遊べる強い?味方。

投げ出したことが多くてどこから手をつけよう状態ですがちょこちょこ再開していこうかと思います。
とりあえず目に付いた迷路の先延ばし法から。先延ばさないよう頑張ります。。

関連記事
スポンサーサイト

タッチすると画像が切り替わって時間が経つと元に戻る

クリックすると画像が切り替わって、しばらくすると戻るみたいなのが作りたくなりました。
できあがりがこちら↓
タッチすると1秒間画像が切り替わります。


一瞬嫌そうな顔をされれば成功です。
(画像のチョイスがちょっとアレですね。手元にあったので……)

ソースはこちら↓
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

【生存報告】生きてます……

更新できなさすぎてついに広告が表示される事態に……!!
とりあえず、生きています。

関連記事

自動生成の迷路を作ろう2・穴掘り法(道延ばし法)編

前回に引き続き迷路(を作成するプログラム)を作りました!

穴掘り法(道延ばし法)というそうです。
棒倒し法よりも人が迷路を書く方法に近いそうで、長めの分岐が多いような気がします。


※タップすると生成し直します
※コードはJavaScriptタブで見ることができます
※左上フォークのマークからjsdo.itに飛ぶと自分で好きに改造できます


ところでこの穴掘り法、迷路が完成したかどうかの判定を
2×2の範囲に全て壁なパターンが無い、という判定方法しているのですが
それで良いんですかね?自己流なのでちょっと不安です(´・ω・`)
↓全部壁ならダメ
■■
■■


次は壁のばし法に挑戦します!
今回は道が伸びましたが次は壁が伸びます。
判定方法が地味に難しくなっていくので、テスト中に無限ループ地獄に陥らないよう気をつけます(´・ω・`)


関連記事

自動生成の迷路を作ろう1・棒倒し法という方法なら簡単なようです

何だか急に迷路が作りたくなったのでちょこっと調べてみましたら、
こちらのページに詳しく説明がされていました。

迷路自動生成アルゴリズム

棒倒し法、穴掘り法、壁のばし法と3種類あるようです。
今回はとりあえず比較的プログラミングが楽だと書いてあったので
『棒倒し法』の迷路(を生成するプログラム)を作ってみました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

LINEスタンプ

LINEスタンプ承認されました

スポンサーリンク

このブログについて


★全記事一覧★

人気記事

人気ブログランキング



おかげ様で1位なことがあります。
ありがとうございます!

良い感じのペンタブ



Intuoscomicを使用しています 使い易いです。
替え芯やCLIP STUDIO、Pixiaなど絵を描く専用のソフトも数種付属しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。