トップページ

このブログについて

全記事一覧(新着順)

テーマ別記事案内

短期間ゲーム制作講座


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ちものゲームを制作する!【Level6-1(ブロックを落とす・積み重ねる)】



積み重なりました!
今回も特に新規で学んだことはなく、ブロックを置いたら(移動できない場所まで来たら)
マスに移動ブロックの情報をコピー、で新たに次のブロック情報に書き換えて落とす、という感じでできました。


ですが、この落ちもの(仮称『Rainbow』)の仕様は

 ①ランダムな形のブロック集合体がこれまたランダムな7色のうち一色の色で落ちてくる
 ②ブロック集合体は置かれる位置が決定するまでかたちを保持するが、
  置かれたあと下にスペースのあるものは下に落ちる(1マスずつ)
 ③同じ色がたてよこ5つ(簡単だったら7つにするかも)並ぶか、
  1行に7色存在すると消える(7色は順番に並んでいなくても良い)

なので、次は②にあるとおりブロックを下にずらす処理を追加しようと思います。


だいぶゲームっぽい雰囲気になってきて楽しいです。
音を鳴らしたりボタンをオサレに改良したり……などなどの課題にはない部分も含めて
4月半ばには完成すれば良いなぁ、と思っています。


関連記事
スポンサーサイト

【HTML編】ドットインストールの動画でお勉強【完了】

ドットインストールという、動画で色々教えてくれるサイトでお勉強中です。


HTML入門 (全16回)全部見ました。
見ていただけで真似して打ったりしていないので
意外とあっさり16回終わってしまいました。
具体的な使用方法が思い浮かばないとやってみる気にならないという想像力貧困人間です。


後半は使ったことのないタグがたくさん出てきました。
補足説明をしっかりしてくれるのでそれらを使う機会に見直したら良さそうです。


そして次はCSS入門にいきます。その次のCSS3入門というのも見て、
それが終わってようやくJavaScript入門を見ようと思います。


CSS入門全18回回とCSS3入門全19回なので、7動画視聴/週ペースで
順調に見れればひと月ちょっとで完了です。


このブログの見た目ももっとおしゃれにしたいので楽しみです。


関連記事

ゲームシナリオ的おはなしづくり『お掃除大作戦!~めいちゃん奮闘記~』

<今回のお題>(おはなし生成機の貼ってある記事はこちら

20140322.png

1:主人公の現在【結合(逆さま)】
2:主人公の近い未来【誓約】
3:主人公の過去【信頼(逆さま)】
4:援助者【厳格】
5:敵対者【清楚(逆さま)】
6:結末(目的)【創造(逆さま)】


ゲームシナリオの本を序章に続き1章も読み終えました。
これ➡

ゲームのテーマの解説な章で、お話作りと複合して実践するのは難しそうでした。
2章は『キャラクター』だそうなので楽しみです。


そんなわけで前回と同じ、ゲームをでっちあげてそれに合わせたおはなしを作ります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

【LINEスタンプ】イラスト勉強ついでにラインのスタンプを描いてみます【作ってみる】

<進展>
  ・【LINEスタンプ】イラスト勉強ついでにラインのスタンプを描いてみます【作ってみる】
  ・【LINEスタンプ】完成&登録申請しました!審査待ちなう
  ・【LINEスタンプ】ステータスが審査中になりました!【Creators Market】
  ・【ご報告】LINEスタンプが承認されました!販売開始です!【審査通りました】



LINEのスタンプを個人でも公開できるようになったそうです。


LINEで誰でも自作スタンプを販売可能に!LINEスタンプの作り方


42個の画像を用意したら自分のイラストをスタンプ代わりに使えると、なるほど。
イラストは日常会話で使えるものとあり『ゴメンネ!』や『わーい♪』のような
感情豊かなものが対象のようです。


ちっちゃい一枚の絵で感情を表現……
これはイラストの勉強になりますね!


ついでに売れたりなんかしたらMetasequoiaのライセンス購入とかできるかも。
いや、買おうと思えばいつでも買えるんですけどね。
ていうか5,400円だから108回も売れないとダメですよ。これはあかん。



まぁ、売れようが売れまいが描けばそれだけ経験値が上がる!
というわけでスタンプ作成に挑戦です!



※本当はただ新しいことが好きなのでやってみたかっただけです。
 ゲーム制作!と関係なくて申し訳ありません。


テーマはツインテメイド娘(ニーソ)!にします。
にゃんこなどの動物を描いた方が絶対に広く需要がありますが、
自分需要的と画力の問題(動物描けません)で女の子です。



キャラクターのイメージはこんな感じ。


きゃらくたー

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

落ちものゲームを制作する!【Level5-2(ブロックを回転させる)】



細長いブロックを右端で回転すると固まるバ……不具合で詰まりましたが
なんとかかんとか回転しました!
↑キーか○ボタンで回転します。

かたちによっては少し変な感じで回転するのは御愛嬌。
余裕があればどのかたちでも真ん中を軸に回転するように修正したいです。

以前のものとコードも違いますが、考え方は同じなので
回転のアルゴリズム的なものは以前のブロック回転の記事をどうぞです。
コード自体は不具合があるので見ないでくださいお願いします。
今回のは大丈夫だと思いますが汚いのでこちらのコードも参考にはできないかもですです(´・ω・`)



次はLevel6 ブロックを落とすです。
説明によると
プレイフィールド上方からランダムにブロックパターンが落ちるようにせよ。
落ちくるブロックパターンを、フィールド枠内に積み重なるようにせよ。
だそうです。

ついに積み重なりますよ!
でもその前に金土日がくるのでイラストとシナリオとWebプログラミングのお勉強をします。

月曜日には積み重なるブロックの様子を報告できるよう頑張ります(`・ω・´)


関連記事

落ちものゲームを制作する!【Level5-1(ブロックを移動させる)&キー入力の入力待ち(キーウェイト)を設定する】



やり直しで最初思ったより制作が進んでませんが、
おかげで今のところかなり脳内がすっきりしています。

移動もきちんとできました!
下移動は一気に下までするようにしています。
ボタンでもキー入力でもどちらでもいけます。
※両方同時には押さないでください。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

落ちものゲームを制作する!【Level4(ブロックパターンの追加)&ランダム表示&中心を取得して中央に表示する】



ランダムなブロック表示ができました!
といってもやり直し前もできていたのでほぼそこからのコピペです。

もう1つ、地味~にやりたくてやり方がわからなかったブロックの真ん中表示ができました。

ランダムで生成されたブロックのパターンがT型だとして、

①そのまま表示すれば良いパターン
□□□□□
□■■■□
□□■□□
□□■□□
□□□□□

②→にずらさないといけないパターン
□□□□□
■■■□□
□■□□□
□■□□□
□□□□□

③←にも↑にもずらさないといけないパターン
□□□□□
□□□□□
□□■■■
□□□■□
□□□■□

(ブロックは中心から生成していくので実際には②のパターンはあり得ませんが)
同じ形でも5×5マスのどこが中心になるか???となっていました。

中心を取得できないので真ん中に設置することもできませんでした。

が、ゆっくりパターンをメモしながら考えていたらできました!


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

落ちものゲームを制作する!【Level1~3(2x2型ブロックを表示する)まで】



やり直してからまったり進行です。
以前ははしょり気味だったLevel3 2x2型ブロックを表示するもきちんと。
(この『プログラミング初心者向け段階的学習課題』がある場所はこちら

      //Level3 2x2型ブロックを表示する
      var x;
      var y;
      for( i=0; i<2; i++ ) {
          for( j=0; j<2; j++ ) {
              x = masuData[Math.floor(MASU_Y/2)+i][Math.floor(MASU_X/2)+j].image.x;
              y = masuData[Math.floor(MASU_Y/2)+i][Math.floor(MASU_X/2)+j].image.y;       
              
              masuData[Math.floor(MASU_Y/2)+i][Math.floor(MASU_X/2)+j].image.canvas.clear();
              masuData[Math.floor(MASU_Y/2)+i][Math.floor(MASU_X/2)+j].image = 
             tm.display.RectangleShape(shapePlayField.width/MASU_X+MASU_LINE_WIDTH,
                      shapePlayField.width/MASU_X+MASU_LINE_WIDTH, {
            	  		fillStyle  : BLOCK_COLOR[GREEN],
            	  		strokeStyle: MASU_SIDE_COLOR,
            	  		lineWidth: MASU_LINE_WIDTH
              			}
              );
              masuData[Math.floor(MASU_Y/2)+i][Math.floor(MASU_X/2)+j].image.x = x;
              masuData[Math.floor(MASU_Y/2)+i][Math.floor(MASU_X/2)+j].image.y = y;
              masuData[Math.floor(MASU_Y/2)+i][Math.floor(MASU_X/2)+j].image.addChildTo(this);              
          }    	  
      }


次はLevel4 ブロックパターンの追加
新たなブロックパターンを追加する。(パターン=L、|、凸、□などのブロックの塊)
ボタンを押すことで、ブロックパターンを順に表示させる。
です。ブロックのかたちは5×5のランダムでいきます。

のろのろですがきちんと完成させるつもりです、頑張ります。


関連記事

LINEスタンプ

LINEスタンプ承認されました

スポンサーリンク

このブログについて


★全記事一覧★

人気記事

人気ブログランキング



おかげ様で1位なことがあります。
ありがとうございます!

良い感じのペンタブ



Intuoscomicを使用しています 使い易いです。
替え芯やCLIP STUDIO、Pixiaなど絵を描く専用のソフトも数種付属しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。