トップページ

このブログについて

全記事一覧(新着順)

テーマ別記事案内

短期間ゲーム制作講座


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tmlib.jsでFPSの値を簡単に表示するメモ・ついでに意味も調べる

20140812.png


●fpsとは●
動画のなめらかさを表す指標で、画像を1秒間に何回書き換えているかを表したもの。
IT用語辞典から引用)


要は1秒間のコマ数のようです。
30以上あればなめらかとかなんとか。



表示するのは本当に簡単なようで、
tmlib.jeを読み込むのと一緒にStats.jsというのを読み込んで

●index.html●
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="utf-8">
    <title>FPSを表示するメモ</title>
	<script src="http://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/stats.js/r11/Stats.js"></script>
    <script src="http://rawgithub.com/phi-jp/tmlib.js/613474643676ee5926e7ec9d5e32d28a5489b361/build/tmlib.js"></script>
    </head>
<body>
<div align="center">
	<canvas id="world"></canvas>
</div>
</body>
</html>


tm.mainでapp.enableStats();と記述すればもう表示されるようです。


●main.js●
//********************************************************
//*
//*    <main.js>
//*
//********************************************************
var SCREEN_WIDTH    = 320;
var SCREEN_HEIGHT   = 480;

//------------------------------------------
//
//  main
//
//------------------------------------------
tm.main(function() {
    var app = tm.display.CanvasApp("#world");
    app.resize(SCREEN_WIDTH, SCREEN_HEIGHT);
    app.fitWindow();
    app.background = "#aaff77";
    app.fps = 60;
    app.enableStats();
    
    app.replaceScene(GameScene());
    app.run();
});


結果こんな風になります。


何にも表示していないので恐らく50以上は出ているかと思います。


今作っているゲームはシーンによって15とかになるのでピンチな感じです。
オブジェクトを配置しすぎてるのが原因っぽいので、できるだけ削っていきたいと思います。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


LINEスタンプ

LINEスタンプ承認されました

スポンサーリンク

このブログについて


★全記事一覧★

人気記事

人気ブログランキング



おかげ様で1位なことがあります。
ありがとうございます!

良い感じのペンタブ



Intuoscomicを使用しています 使い易いです。
替え芯やCLIP STUDIO、Pixiaなど絵を描く専用のソフトも数種付属しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。